記事一覧

モニャモニャ(スピッツ)

こんばんは。今日はスピッツ「モニャモニャ」について好き勝手語ります。なんか弱弱しくてかわいらしげな曲です。雰囲気が似ている曲としては「猫になりたい」とかですかね。現実逃避したい。もう嫌だ・・・そういう気持ちの時に無理に元気を出させるというより、共感してくれるような曲です。優しい眼で聞いている 僕には重要な言葉感情は震えても余裕なふりして隠し続けてたまずはこの部分について考察を。「感情は震えても余裕...

続きを読む

涙がキラリ(スピッツ)

こんにちは。では、今日の投稿はスピッツ「涙がキラリ」でこの曲の舞台は福岡県の大濠公園で行われる花火大会だそうです。福岡といえば草野マサムネさんの出身地。福岡の博多あたりなのですが、付近に彼らのサインがあるラーメン屋さんもありますし、さわって変わっての歌詞しかも冒頭で出てくる「天神駅の改札口」もあります。さらに室見川は名曲”ロビンソン”で出てくる「河原の道」だそう。はい。スピッツの聖地巡りに福岡まで行...

続きを読む

小さな生き物(スピッツ)

こんばんは。今日はスピッツのアルバム「小さな生き物」のタイトル曲について好き勝手語ります。この曲は切なさを抱えながらも強く生きていくようなリズムと歌詞ですね。マサムネさんが病気になった時に「自分も生き物なんだな」と実感して描いた曲らしいです。負けないよ 僕は生き物で 守りたい生き物を抱きしめてぬくもりを分けた 小さな星のすみっこ冒頭の「負けないよ!」が始まりと同時にアタマん中に入ってきます。いきな...

続きを読む

醒めない(スピッツ)

今日も更新しますぞ!この曲は活動を30年続けた彼らがファンに向けて作った曲です。覚えていてくれたのかい?嬉しくて上ばっか見ちゃうよやけに単純だけど 繊細な生き物「繊細な生き物」。リスナーの心に響く曲を作るアーティストって繊細な生き物なんですね。まぁ確かにそうです。昼の光を避けて 不細工な俺の歴史上ギターはアンドロジナス 氷を溶かしていくアンドロジナスってなんか響きがいい!そしてそれが批判の声(氷)を...

続きを読む

a boy(家入レオ)

こんばんは。今日もレオさんの曲についてです。2thアルバムのタイトル曲 a boy について語りますね。ファーストアルバムの「LEO」とこのアルバムの比較から。ファーストアルバムは「サブリナ」や「Bless you」「Linda」が典型例として大人や世の中に対しての嫌悪感が表現されています。女子高生目線の素直な気持ちで透き通っていて心に突き刺さるものです。その嫌悪感、リスナーからしたら心への刺激とは対比的なものがセカンド...

続きを読む

恍惚(家入レオ)

では、投稿します!最初の記事は大好きなアーティストの大好きな曲にします。家入レオの”恍惚”という曲について好き勝手語らせて下さい。この曲について家入レオさんは「東京に出ていなかったら作れてなかった。」と言ってました。(そのソースは忘れました。)リズムや歌詞がなんとなく都会っぽくて、おしゃれで痛い気な感じですね。作曲としても難易度が高く上級なものらしいです。私は作曲家ではないから、偉そうなことは抜かせ...

続きを読む

はじめにお読みください(プライバシーポリシー)

はじめまして!当ブログは音楽マニアの私が好き勝手に曲の感想や歌詞の解釈、感動した想い等を語っていきます。大好きなアーティストのことも、彼らの魅力も、どんどん語りたいです!歌詞にこだわらずリズムとかで感じたことも語ります!特に好きなアーティストは 椎名林檎、スピッツ、家入レオ、クリープハイプ、その他もろもろ・・・では、これからご愛読(?)おねがいしまあす^^個人情報の保護について「http://music417.jp/...

続きを読む