記事一覧

猫になりたい(スピッツ)

今日も更新します!!今夜はスピッツ”猫になりたい”という曲について好き勝手語っちゃいます。この曲はマサムネさん的に猫になったような気分で歌っているのかなと思います。君(好きな人?)にかわいがられている猫になりたいという意味合いの歌詞です。家入レオさんも「だってネコだから」という曲を歌っていますが、”猫の気分を描いている”という解釈では共通しています。もちろん曲調や歌詞の雰囲気は全然ちがいますけど。さら...

続きを読む

ラズベリー(スピッツ)

今日はなんとか更新します。今夜はスピッツ”ラズベリー”という曲について好き勝手語ります。この曲はスピッツの曲の中でも、まぁまぁスケベな方です。「おっぱい」「海とピンク」を2トップとして、多分3番目くらいに変態チックな曲だと思います。というのは、歌詞を解釈をすれば結構下ネタなんですよ!では、歌詞を見ていきましょう。泥まみれの 汗まみれの 短いスカートが未開の地平まで僕を戻す?あきらめてた歓びがもう目の...

続きを読む

ナナへの気持ち(スピッツ)

こんばんは。今日も更新します!!今夜はスピッツ”ナナへの気持ち”という曲について好き勝手語ります。この曲の特徴は”ナナ”という人物の細かい描写でしょう。それでいて臨場感のある恋愛ソングとなっています。アルバム「インディゴ地平線」は全体的に悲しい曲は少ないです。この曲は特に悲しい要素や切ない要素はまるでありません。スピッツの曲を数百曲聴いている私のようなファンにはこういう曲も必要です。では、歌詞を見てい...

続きを読む

I Wish (家入レオ)

今日も更新します!今夜は家入レオ"I wish"という曲について好き勝手語ります。この曲について家入レオさんはビートルズの「IMAGINE」みたいな平和な曲を作りたかったと話してました。メロディも歌詞も平和を願っているような感じです。さらに大人でありながら子供のような純粋な心を持ちたいという雰囲気も感じられます。そういう意味で「オバケのなみだ」という曲とも似ているかもしれません。また、この曲はアルバム"WE"の中で...

続きを読む

けもの道(スピッツ)

今日もしっかり更新します。今夜はスピッツ”けもの道”という曲について好き勝手語ります^^この曲はアルバム「三日月ロック」に収録されています。この曲を解釈するにはタイトルとサビの部分が重要となっていると思います。サビの部分は「あきらめないで それは未来へかすかに残るけもの道」かすかに残る獣道があるからあきらめるな!という意味です。何に続いている道なのかは、歌詞には明確に描かれていません。一応「もう二度...

続きを読む

走れゎナンバー(椎名林檎)

今日も更新します!今夜は椎名林檎女史”走れゎナンバー”という曲について好き勝手語ります。この曲は、自分の演じるべき姿、もしくは自分自身をレンタカーに例えている曲です。”ゎナンバー”はレンタカーのナンバーですから。この曲自体のミュージックビデオはないのですが、ライブでは「ゎ・417」というナンバーの車がフラフラと走っている映像が流れたりしていました。さらに仮タイトルは“樹海へ”だったそうで「そうだ 樹海に...

続きを読む

シティボーイなアイツ(家入レオ)

今夜はちゃんと更新します!今日は家入レオ”シティボーイなアイツ”という曲について好き勝手語ります。アルバム"WE"の中に収録されているこの曲は彼女にとってチャレンジな曲だったみたいです。なんとなく80年代のテイストがある曲で、それでいてオシャレな感じのリズムと歌詞です。さらに、では、歌詞を見ていきましょう。恋人はチューイングガム 味がなくなれば、次そうやって ツルんじゃって渋谷でPM5:00恋人ができては飽き...

続きを読む

Party Girl(家入レオ)

今日もしっかり更新します!!今夜は家入レオ”Party Girl"という曲について好き勝手語ります。この曲はアルバム「WE」の中では珍しく、作詞も作曲も完全家入レオ本人なのです。その分彼女本来の姿が最も表現されている歌詞にもなっています。特に「っていうかマジメだと 誤解してない? テレビでは見せない本当の私」という部分はそうです。もちろん一般人の私も直接話したことはないですが、映像によってははしゃいでいたりも結...

続きを読む

ミカンズ(スピッツ)

こんばんは。今日も更新します!今夜はスピッツ”ミカンズ”という曲について好き勝手語ります。この曲のタイトルの意味は「架空のバンド名」なのです。レコード会社が彼らの意向に反して、ベストアルバムを出したことがあるのですが、その時に解散も考えたとのことです。(当時のスピッツはベストアルバムは解散の時に出そうと思っていたとのことです。)それで新しいバンド名で同じメンバーで活動しようと盛り上がったみたいです。...

続きを読む

やっつけ仕事(椎名林檎)

今夜も更新しますので、ご購読宜しく!今日は椎名林檎女史”やっつけ仕事”という曲について好き勝手語ります。この曲の歌詞は軽度のうつ病の症状に似ている気がするのです。林檎女史も多忙のあまり冴えない気分になっていたのでしょうか。しかし、そういった憂鬱さえ、立派な曲として仕上げるのが美しいです。彼女の曲は、人間の本質を描いているのです。なげやりな気分も感情の一つなら、それも曲にしていいではないでしょうか。で...

続きを読む

オパビニア(スピッツ)

今夜も更新します!!今日はスピッツ”オパビニア”という曲について好き勝手語りたいです。まず、このタイトルの”オパビニア”とは、変な形状の古代生物です。その古代生物は属する類が他にいない種なのです。どこにも属さないものとしてタイトル、そして曲になっているのです。スピッツ特有の孤独感がここにもありますね。また、メロディも一文字一文字がはっきりしていてリズミカルです。では、歌詞を見ていきましょう。巡り合いは...

続きを読む

Kiss Me(家入レオ)

まだまだ更新します!!今日は家入レオ"Kiss Me"という曲について好き勝手語ります。セカンドアルバム"a boy"に収録されているこの曲は当時の彼女には少し抵抗があったみたいです。というのはまだ19歳だったにも関わらず、セクシュアルな内容を含む曲だったからです。「ザラついたその唇」や「首筋に赤い もう一度Kiss Me Please」という部分ですかね。しかし、なぜこの曲を歌うことにしたかは、これから大人のアーティストになる...

続きを読む

シロクマ(スピッツ)

今日もなんとか更新します!!今夜はスピッツ”シロクマ”という曲について好き勝手語ります。この曲はそんなに深読みする必要もなく、疲れるような忙しい日々の中、君という存在がオアシスのような存在 といった意味合いの曲です。そう思って聴けば、解釈は難しくありません。メロディも弱弱しい感じです。疲れているときでも聴きやすい、むしろそういう時にこそ聴きたくなる歌です。では、歌詞を見ていきましょう。あわただしい毎...

続きを読む

僕はきっと旅に出る(スピッツ)

今夜も更新じゃい^^今日はスピッツ”僕はきっと旅に出る”という大好きな曲について好き勝手語ります。この曲は旅行に行くと聴きたくなるような曲です。実際JTBのCMにも使用されていましたし。ただこの歌で描かれている旅というのは、新しい生活や新しい自分といった、もうちょっと意味の深い旅のことだと思います。柔らかくも前向きで強さもあるメロディになっています。この曲は「さらさら」のシングルにも入っていましたが、ア...

続きを読む

TWO HEARTS(家入レオ)

今夜もしっかり更新します!!今日は家入レオ”TWO HEARTS"という曲について好き勝手語ります。アルバム"20"がリリースされた時の歌手としての彼女の変化がこの曲にも表れています。"20"では聞き手を包み込むような強さという今までにない特徴があります。この曲も相手を受け入れ、「そのままでいいんだよ」と言える一曲となっています。この曲は相手を受け入れるような曲です。「T-SITE NEWS」というエンタメニュースのインタビュ...

続きを読む

あ(クリープハイプ)

今日も更新します!今夜はクリープハイプ”あ”という曲について。まず、タイトルといい、投げやりな歌詞といい、何この曲というくらい適当な感じです。しかしその曲の、共感できるところがいいのです。バカみたいな恋愛をしてしまった後にカラオケで歌いたくなるような一曲です。さらに実際のところ、涙が出るような恋愛よりこの”あ”という曲にぴったりな、振り返ればつまらない曲のような恋愛の方がよくある気もします。少なくても...

続きを読む

ハチミツ(スピッツ)

今日も頑張って更新します^^今夜はスピッツ”ハチミツ”について好き勝手語ります。この曲では、恋人がハチミツを溶かしている様子が歌詞で描かれています。ハチミツを溶かすってシチュエーションって結構ないのでは・・・・と色々考えて勝手な解釈をしましょう。一つは恋人がお菓子作りをしている様子、しかもハチミツを溶かすくらいだからかなり手間をかけたお菓子です。シチュエーションとせてはとても幸せな感じです。もう一つ...

続きを読む

スカーレット(スピッツ)

今夜も更新!更新!!さて、今日はスピッツ”スカーレット”について好き勝手語ります。この曲で最も強く表現されている気持ちは「離さない」という気持ちのことでしょう。愛する人を決して離さないという気持ちを小さな赤い灯に例えて曲が作られています。その暖かい灯の赤色のことが”スカーレット”なのです。離さない このまま 時が流れてもひとつだけ 小さな赤い灯を守り続けていくよここは先ほどの内容の解釈でよさそうかな。...

続きを読む

死神の岬へ(スピッツ)

今夜も更新するので、ご購読宜しくお願い!!今日はスピッツ"死神の岬へ”という曲について好き勝手語ります。この曲は全体的に無理心中の曲のようにも聞こえます。スピッツで心中っぽい曲といえば”青い車”という曲を思い出す人もいるかもしれません。青い車はベストアルバムにも収録されるほどメジャーなので、様々な解釈が飛び交っています。ただ、この死神の岬への方が心中っぽいと思います・・・・しかし、この曲は一方的にネガ...

続きを読む

日なたの窓に憧れて(スピッツ)

今日もちゃんと更新します!!今夜はスピッツ「日なたの窓に憧れて」という曲について好き勝手語ります。この曲は「君と暮らせたら」と意味が似ていると思います。「君に触れたい それ以外何もいらない」という気持ちが描かれています。”ランプ”という曲にも似たような部分があります。「あなたに会いたいから 捨てるそれ以外は」という歌詞も同じような心情だと解釈しています。夢を描いいるような、一方で切ない感じのメロディ...

続きを読む