記事一覧

海を見に行こう(スピッツ)

今日もなんとか更新します。今夜はスピッツ”海を見に行こう”という曲について好き勝手語ります。スピッツの曲で海を見に行く曲といえば、「青い車」が代表的なものでしょう。この”海を見に行こう”はそれと似たようなシチュエーションの曲です。爽やかで柔らかいメロディも似てますし。ただ、違いを言えば、この曲は海に行くことに特化した内容になっているということです。(”青い車”は”輪廻の果てへ飛び降りよう”という意味ありげ...

続きを読む

マーメイド(スピッツ)

今日も更新します。今夜はスピッツ”マーメイド”という曲について好き勝手語ります。この曲は「ひと夏の思い出のストーリー」みたいな解釈をしています。タイトルかつ、曲のキーワードである”マーメイド”は“出会ったが、ひと夏で恋が終わってしまった恋人”とか”ビーチで出会った素敵な女性”とか”夏にワンナイトした女性”等の意味だと思います。冒頭に”甘い日々”・・・・"日々”とあるので、多分、ひと夏の恋人という意味が一番辻褄が...

続きを読む

都合のいい体(椎名林檎)

今日もなんとか更新しまっせ。今夜は椎名林檎”都合のいい体”という曲について好き勝手語ります。この曲「NIPPON」のように「ここぞの時に命を失うくらいの覚悟で臨む歌」・・・とは違って「ここぞの時に具合が悪くて嫌になっている歌」です。歌詞もメロディもちょっとコミカルな感じになっています。実際の林檎さんは、一流アーティストでありながらも、お茶目で気さくな印象もありますし、こういう曲もありだと思います。ライブで...

続きを読む

ナサケモノ(スピッツ)

今日も更新します。今夜はスピッツ”ナサケモノ”という曲について好き勝手語ります。まず、タイトルですが、「情けない獣」という意味です。ちょっと略して”ナサケモノ”なんですね。この曲ですが、共感できるという意味で大好きです。恋をして、「君のためになんでもやる!意味なんてどうにでもなる!」と思ったところで、まともに何かすごいことをするわけでもなく、さらには気持ちを届けることもできないという情けない状態のこと...

続きを読む

二人ぼっち時間(椎名林檎)

今日もちゃんと更新します!今夜は椎名林檎”二人ぼっち時間”という曲について好き勝手語ります。この曲ですが、林檎さんが「不景気な世の中にあって、思わず踊りたくなるはじけた景気のいいリズム、そして子どもも大人も歌いたくなる夢のある音楽をもって親子で歌える、新しい”ドレミの歌”を作りたかった。」と話してました。この曲が歌われた当時2009年はちょうど不景気でしたね。そんな中で”NHK みんなの歌”にまでNHK 採用された...

続きを読む

週刊誌(クリープハイプ)

今日もしっかり更新します!今夜はクリープハイプ”週刊誌”という曲について好き勝手語ります。この曲の意味を話すとなれば、まずサビの「クリスティーナ」という部分についてお伝えしたいです。ここの意味は「殺してえな!」なのです。さすがに表記の歌詞で「殺してえな」なんて記載したら問題があるので、そうも聞こえる感じの言葉として「クリスティーナ」と歌っているのです。それがわかればこの曲の歌詞は十分理解できたもので...

続きを読む

エスカルゴ(スピッツ)

今日も更新します!今夜はスピッツ”エスカルゴ”という曲について好き勝手語ります。この曲は、とにかくリズムが気持ちいいです。最初のドラムを聴いた瞬間に「おっ!」となります。爽快感というか、疾走感というか、何か走り出したくなるような曲です。では、歌詞を見ていきましょう。ダメだな ゴミだな さりげない言葉で溶ける心コワモテ はがれて 仕方ねえと啼(な)いて 耳をすます孤独な巻き貝の外からふざけたギターの音...

続きを読む

Brand New Tomorrow(家入レオ)

今日も更新します。今夜は家入レオ”Brand New Tomorrow"という曲について好き勝手語ります。この曲は明るく前向きになれる曲です。メロディも歌詞も闇がありません。そういう意味で類似ソングを強いていえば「Shine」とかですかね。そして、映画「ペット」のイメージソングということもあり、その映画も見てみました。まぁこの曲が使われていることからも予想した通り、ハッピーエンドでした。(ちなみに家入レオさんも実家で犬(...

続きを読む

うめぼし(スピッツ)

今日もちゃんと更新します!!今夜はスピッツ”うめぼし”とい曲について好き勝手に語ります。この曲もまた、複数の解釈ができます。私としては、「うめぼし」は会いたい君という人が好きだった食べ物という解釈です。この場合「うめぼし食べたい=君に会いたい」という解釈になります。これ以外の解釈は、戦争に行った日本兵の気持ちを歌っている解釈もあります。それもそれで意味が通るのがおもしろいです。この場合「値札のついた...

続きを読む

流れ星(スピッツ)

今日も更新します!今夜はスピッツ”流れ星”という曲について好き勝手語ります。この曲のメロディはすごく穏やかで、タイトルの通り夜空の星を見ているような感じです。星を見ながら好きな人にことを想ったり、過去に傷ついたことを思い出したり、今までの色んな感情を思い返しているような雰囲気です。歌詞の意味は少しわかりづらいが、なんだか泣けてくる曲です。では、歌詞を見ていきましょう。僕にしか見えない地図を拡げて独り...

続きを読む

閃光少女(椎名林檎)

今日も更新します。今夜は東京事変(椎名林檎)”閃光少女”という曲について好き勝手語ります。この曲は「今この一瞬を輝きたい」という気持ちを描いた曲です。こういった意味では名曲"NIPPON"と似ています。どちらもメロディに躍動感と爽快感がありますし。では、歌詞を見ていきましょう。今日現在(いま)が確かなら万事快調よ明日には全く憶えていなくたっていいの昨日の予想が感度を奪うわ先回りしないで今日現在を最高値で通過...

続きを読む

ラクガキ王国(スピッツ)

今日もしっかり更新します!今回はスピッツ”ラクガキ王国”という曲について好き勝手語ります。この曲は自分が王様ともなれる、自由でなんでもありなラクガキの国がテーマになっています。散らかった感じで、それでいてソフトロックなノリの曲です。”ローテク・ロマンティカ”や”ガラクタ”という曲とも雰囲気が似ています。自由で強気で楽しく歌っているような曲です。では、歌詞を見ていきましょう。紙で作った冠 誇らしげ太陽色の...

続きを読む

だってネコだから(家入レオ)

今日もちゃんと更新します。今夜は家入レオ”だってネコだから”という曲について好き勝手語ります。この曲はレオさんが猫目線で描いた世界を曲にしたとのことです。「レオちゃんって ネコっぽいね」と誰かに言われたとか聞きました。まぁ顔が確かにそうかもしれません(^^)歌詞の全体的な意味は 優しい飼い主に恋心を抱くが、自分はネコであるがために恋人にはなれない みたいな感じです。そんなもどかしい気持ちを描いた曲で...

続きを読む

パパの時計(家入レオ)

今日も更新します!今夜は家入レオ"パパの時計”という曲について好き勝手語ります。この曲はタイトルからして収録アルバム"TIME”にちょうどいい曲です。勝手に解釈している意味としては パパの時計=パパから君への愛情 という感じです。そしてその愛情に縛られている君を自由にして、つまり君を自分のものにしてこれから何かをやらかそう という曲だと思っています。結婚しようという意味で、とらえることはできますが、「何か...

続きを読む

ちちんぷいぷい(椎名林檎)

今日も更新します。今夜は椎名林檎”ちちんぷいぷい”という曲について好き勝手語ります。この曲は雰囲気がキャバレーっぽい曲です。林檎女史はあるラジオ番組やテレビ番組で2020年までにキャバレーを作りたいと言ってました。そういう意味でこの曲は希望に満ち溢れています。歌詞はなんかスピリチュアルメッセージのような、意味がわかるようでわからない、でも心に響くようなものです。名曲”丸の内サディスティック”も歌詞は意...

続きを読む

みなと(スピッツ)

今日も更新します!今夜はスピッツ”みなと”という曲について好き勝手語ります。この曲はどこか懐かしい感じのする曲です。シングルのジャケットもなんか20世紀を連想させるものでしたし、発売されたばかりに聴いた時も、どこかで聴いたような不思議な感じがしました。まだまだ醒めないスピッツだからこそ、そういう不思議で魅力的な曲を作って歌えるのでしょう。曲は全体的に切なくて泣けるメロディです。特に「すれ違う微笑み達 ...

続きを読む

イノチミジカシコイセヨオトメ(クリープハイプ)

今夜も更新します。今日はクリープハイプ”イノチミジカシコイセヨオトメ”という曲について好き勝手語ります。この曲は一言でいえばピンサロ嬢の気持ちを歌った曲です。やっぱクリープハイプは曲の世界観がいいですね。さすがは尾崎世界観!!まずはタイトル。カタカナ表記なので、軽い音楽らしいタイトルになっていると思います。「命短し恋せよ乙女」ではなんか重いです。作曲をした尾崎さんはかつてピンサロ嬢と付き合っていたの...

続きを読む

僕のギター(スピッツ)

今日も更新します!今夜はスピッツ”僕のギター”という曲について好き勝手語ります。この曲の歌詞の意味は特に難しいわけでもありません。歌詞からすると、「愛用のギターで君への想いを歌うよ」という意味の曲です。メロディの雰囲気は"P"とかに似ています。全体的に切なくて純情な感じの曲です。スピッツらしい曲といえば、そうですね!では、歌詞を見ていきましょう。霧雨にぬれてたら 汚れた心も洗い流されていく 少しずつ長...

続きを読む

Na・de・Na・deボーイ(スピッツ)

今日も更新します!今夜はスピッツ"Na・de・Na・deボーイ”について好き勝手語ります。この曲はリズミカルで言葉遊び的な感じの曲です。「ガラクタ」や「メモリーズ」がちょっと似たような雰囲気ですかね。タイトルは「撫で撫でされたい甘えん坊な男」という意味で解釈しています。男なら好きな女性に可愛がられてみたいという気持ちが誰しもあると思います。そういう意味では「猫になりたい」という曲と共通の感情が歌われていると...

続きを読む

Relax(家入レオ)

今日も更新します。今夜は家入レオ"Relax"という曲について好き勝手語ります。この曲はメロディもMVも大人な恋愛を表現しています。特にMV(Youtubeの公式ページにあります)は初の男性キャストがいたりと、ちょっと注目です。場所は都会で、時間は夜というシチュエーションですね。歌の全体的な意味はつまらない生活の中で、恋人が落ち着けないようなときめきを与えてくれるという意味で解釈しています。では、歌詞を見ていきまし...

続きを読む

TOKYO(家入レオ)

今日も更新します!今夜は家入レオ"TOKYO"という曲について好き勝手語ります。この曲は家入レオが曲を作る目線が広くなっていることがわかる曲です。ある音楽雑誌に載っているインタビューで 今までだったら日常でこんなことがあった で終わっていた出来事を描けたとのことです。彼女が複数の目線を得られたことでそれが可能になったのですね。家入レオがみたTOKYOに対する視線を聴き手に伝えるような曲です。では、歌詞を見てい...

続きを読む

正しい街(椎名林檎)

今日も更新します!さてさて、今夜は椎名林檎女史”正しい街”という曲について好き勝手語ります。この曲は彼女のファンとして、特に好きな曲です。きっと林檎さんにとっても思い入れの強い曲だと思っています。この曲にまつわるエピソードですが、”月に負け犬”という曲はこの曲を音楽業界のおじさんに「歌詞の意味がわからない」だのと却下された時にできたみたいです。この曲は彼女にとって侮辱されたら泣けるくらい大切な曲なので...

続きを読む