記事一覧

君に届け(家入レオ)

今日もちゃんと更新します!

今日は家入レオさんの”君に届け”について好き勝手語ります。

この曲はTwitterのようなSNSよりリアルな世界(現実世界)で生きていこうという曲です。
特に難しい意味の歌詞が出てくるわけではないです。変な解釈とかはなしで大丈夫です。
音楽(曲の歌詞ではない部分ね)もメジャー受けするような聴きやすいメロディーです。

ログアウトした世界はうまく呼吸もできなくて
明日が見えない
増え続けるフォロワー
心救われた夜に 一人泣いた


まず「ログアウトした世界」という表現。
リアルな世界のことですが、色んな表現ができるんですね。
現実世界では上手にやっていけなくて
明日がどうなるかわからない
ツイッターのフォロワーは増え続けている。
・・・・・・

ちょっと待ってください。解釈につみました。
何で泣いてるんでしょうねww

弱音を吐いた僕の過去に
そっと寄り添ってくれた
こわがらないで 生まれたままきっと愛されるはず


レオさんの曲って”僕”という表現が多いんですね。
彼女自身もそこまで女の子女の子してないですし。
それも好きなとこなんです。

目を逸らさないで 心の声で
夢のカケラ探してる
リアルな世界で笑って見せて
叫ぶ 君に届け


二次元だけではなくリアルな世界でも笑えるようになろうよ
そう君に叫びたい

こんな解釈でしょうか。

ありのままの自分をさらけ出せる場所だった
昨日までは
一秒ごとのコメントバーチャルな波にのまれ 
>泳げ沈む
そんなときでも そばにいてくれる 君がいるなら・・・



ネットサーフィンという言葉があるように ネットの世界は大海原のように表現されることがあります。
バーチャルな波って言葉を使ってますね。
こういう好き勝手なブログとかコメントを そんなかっこいい言葉で表現していただきありがとうございます家入さん。

信じることは傷を負うこと?
誰か僕に教えてよ
IDとパスで守られたエリア
それじゃ何も感じられない


高鳴る鼓動はここでいつももがき続けているんだよ
傷ついて覚悟した もう迷わない


信じることは傷を負うこと?
何かを信じて裏切られたときは心に傷がつきます。
いっそはじめから信じてなければそうでもありません。
現実世界はそんなもの。つまり何も信じれない。

IDとパスワードで守られた二次元世界ではリアルな世界ほど傷つくことはありません。
しかしそんなことでは何も感じることができない。
傷ついて覚悟すること、つまり現実世界に生きていくことに迷いなんていらない。
いきていこう!

こういう解釈でいいでしょうか。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント