記事一覧

二十九、三十(クリープハイプ)

今日はクリープハイプの曲”二十九、三十”について好き勝手語ります。

この曲は二十九から三十になる大人への応援ソングらしいです。
その歳って若者から大人になる歳とでもいうべきでしょうか?
誰もが何かしら考え事や悩みを抱えてしまう歳だと思います。

そんな年齢での憂鬱な気分や、頑張ろうと前へ進む気持ちを表現した曲です。
ダサかっこいい彼ららしい歌詞が脳裏に焼き付かれます。

いつかはきっと報われる いつでもないいつかを待った
もういつでもいいから決めてよ そうだよな だから「いつか」か


”いつかはきっと報われる”二十代の頃はそう思いひたむきに仕事か何かに努力したことでしょう。
いつでもないいつかのためにですね。
そんな曖昧な「いつか」に囚われていたのです。

誰かがきっと見てるから 
誰でもない誰かが言った
もうあんたでいいから見ててよ
そうだよな だから「誰か」か



先ほどの歌詞と似たような意味の歌詞がもう一度ですね。
今度は曖昧な「誰か」に囚われていたのです。

あーなんかもう恥ずかしくなるくらい「イケる」ような気がしてる
ずっと誰にも言えなかったけど
今なら言える

明日の朝恥ずかしくなるいつものやつだとしても
ずっと今まで言えなかったけど
サビなら言える



この歌詞の対比が最高!さすが尾崎世界観さん!!
解釈は人それぞれできそうですが、30歳になることで今まで誰にも話せなかったことも話せるようになったということでしょう。
それはどういうものを話したのかはこれだけではわかりませんが、それは聴く人がそれぞれ自分に当てはめて解釈してもいいとおもいます。
クリープハイプ様ももしかしたらそのつもりかもしれませんし。

嘘をつけば嫌われる
本音を言えば笑われる
ちょうど良いところは埋まってて
今更帰る場所もない

現実を見て項垂れる
理想を聞いて呆れかえる
何となく残ってみたものの 
やっぱりもう・・居場所はない・・・


この歌詞も素晴らしく対比になっています。
そしてここで表現されているやるせない気持ちも同じ男として共感できます。

帰る場所もない、つまり居場所はない・・・
なんか共感するとため息が出てきます。

もしも生まれ変わったなら いっそ家電にもなって
空気洗浄機とかなら楽してやっていけそうだな
何も言わずに黙ったまま 空気を読んだ振りをして
遠くから見てるだけの俺みたいだし


ここが私としてはこの曲で一番好きな部分。
”空気洗浄機”とは上手い例えです。
空気洗浄機という微妙な存在のものに感情移入してるような歌詞もダサいような、かっこいいような。
共感ができてちょっと考えてしまいます。

ではこの後は でもあーなんかもう~と続くのですが、歌詞は同じなので最後のフレーズ

前に進め 前に進め 不規則な生活リズムで
ちょっとズレるもっとズレる 明日も早いな
前に進め 前に進め 不規則な生活リズムで
ちょっとズレるもっとズレる 明日も早いな
前に進め



そして最後は応援ソング・・なのかな。
29から30歳って人付き合いに振り回されたりする歳なんですね。
あと、結婚も意識したガチな恋愛とかも人によってはありますし。
生活が不規則になりがちです。
時間的にも精神的、心も不規則です。
だから”不規則な生活リズムで前に進め”というのは、最高の表現なのかもしれません。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント