記事一覧

純情(家入レオ)

今日は家入レオ”純情”という曲について好き勝手語ります。

この曲はアルバム"LEO"を出した頃は若くて尖ったアーティストだったレオさんが大人になっていく中で作られたのです。
大人になっていくために拒絶ばかりはせずに何かを受け入れ、自分も変わっていく。しかし、それでも変えたくないものと、腕の中で大切に抱えるものが「純情」なのです。
家入レオは彼女の本や雑誌のインタビューで「守りたいもの」について話していました。
彼女の音楽を楽しんでいるライブの雰囲気やファンの気持ちを守りたいとおっしゃってました。
それが彼女の「純情」なのでしょう。

愛されたくて泣いたって 過去は変えられないさ
精一杯叫んだって 闇に消えてく純情


愛なんていつも残酷で・・・・・愛されたい泣きたくない    と「Bless You」という曲で歌っていましたが、「愛されたくて泣いたって」 過去は変えられません。
あの曲のように叫んでもそんな届けたい思いは闇に消えるだけ。
(勝手に愛されたくて泣いてる様子でBless Youを思い出した解釈です。だいたいあってるっぽくないですか?)

警鐘鳴らす大人って 何を怖がっているの?
感情のまま従って 心の声を聞いた
wow こうして道なき道を抜けて
wow 最後に手に入れたもの 今


まだこの歌詞では自分は大人とは違う方面にいることになっていますね。
音楽で生きていく中で彼女は両親をはじめとする人々から反対されたことでしょう。
この部分は勘当覚悟で音楽の道を進んだ彼女の様子を描いているのでしょう。

Don't mind!
聴こえてる?未来へ繋ぐ足音
Don't mind!
すれ違う 名前も知らない賢者は
Don't beat up! Don't beat up!
悲しみの夜を越えて 
Don't beat up! Don't beat up!
大切なものはすべて この腕の中


beat up とは「打ちのめす,、傷つける」みたいな意味です。
このサビの部分は「守りたい純情を傷つけるな!」という解釈でいいでしょう。

限界点を越えたくて 孤独と手を結んだ
友情の意味知りたくて 僕の痛みさらした

wow かすかに 残された夢を抱いて
wow 最後に手に入れたもの今


ここの歌詞の解釈がわかるようでわからないのです。
深追いをするより 言葉の響きとリズムを楽しんでいたら十分かもしれません。

Don't mind
響いてる?自由を願う真実
Don't mind
生きていく それが君との約束
Don't beat up! Don't beat up!
重ねてく僕の涙
Don't beat up! Don't beat up!
希望のかけらを集めよう この腕の中



この道で生きていくことが君との約束。そして純情!
涙を重ねても生きて進んで行く

こういう解釈をしています。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント