記事一覧

Hello(家入レオ)

今夜も更新します!!
音楽大好きですから^^

今日は家入レオさん「Hello」という曲について好き勝手語りたいと思います。

この曲は彼女が歌手デビューしていく中で、かつての友人達に「レオが遠い存在になっていくんだね」みたいなことを言われて描いた曲だそうです。
西尾芳彦さんが作曲の名前にありますが、作詞はあくまでも家入レオ、作曲にも彼女の名前があります。

彼女自身が彼女にとって大切な人に向けて作った曲なのです。

「Hello Hello 離れててもそばにいるよ」という部分にこの曲に込めた気持ちが表れていますね。

そしてこの優し気に届けるようなメロディにも気持ちが表現されています。


揺れる空見た 水たまりに
掴みたくて虹色追いかけた君と二人

何処まで届くのかな?
脱ぎ捨てた靴 砂に書いた 言葉は風に消えた


誰か(多分子供の頃からの友人)との思い出のような歌詞ですね。
懐かしそうな光景が浮かんできます。

大丈夫 いつまでも無邪気な君に笑い声で
気づいた気持ち
少しずつだけど 近づいてるよ


決して私は遠い存在じゃないよ!というメッセージでしょうか。

Hello Hello 離れてても そばにいるよ
all over all over
Hello Hello 忘れないで 君と一緒に
笑って泣いた
See when I see you
See when I seeyou,Hello
.

サビの部分です。
「離れててもそばにいるよ all over(=はじめからおわりまで)」
「忘れないで君と一緒に笑って泣いた See when I see you(私があなたと会った時をご覧ください。)」
直訳するとこんな感じでしょうか・・・

とにかくここが、この曲のなかで、最も届けたい部分だと解釈しています。

彼のささやき 耳を澄まして
あの日見た 君を感じてたよ 遠ざかる夢の跡

簡単に過ぎてゆく 街の乾いた風に吹かれ
ため息ばかり
取り戻せるなら 今すぐにでも


ここも思い出を振り返るような部分でしょうか。
風が簡単に過ぎていく様子は時間があっさり流れていく様子を表現していると解釈しています。

Glory Glory つないで
Smily Smily Say Hello
See when I see you
See when I see you


glory=栄光、美観
Smily say Hello=笑顔でHelloと言ってね

こういう意味です。和訳するだけになってごめんなさい。
もっと深いことを感じ取れたらいいのですが、ただの男なので、女子高生の頃の家入レオが書いた曲は語れて以上です。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント