記事一覧

Relax(家入レオ)

今日も更新します。

今夜は家入レオ
"Relax"という曲について好き勝手語ります。
この曲はメロディもMVも大人な恋愛を表現しています。
特にMV(Youtubeの公式ページにあります)は初の男性キャストがいたりと、ちょっと注目です。
場所は都会で、時間は夜というシチュエーションですね。
歌の全体的な意味はつまらない生活の中で、恋人が落ち着けないようなときめきを与えてくれるという意味で解釈しています。

では、歌詞を見ていきましょう。

街の人混みの中で
誰も彼もがつまんない顔をしてる
ように見えるのは きっと私のせいね


ここは恋人の彼といない場合のことでしょう。
自分自身つまらない気分であるがゆえに、街の誰もがつまらなさそうに見えるという解釈をしています。

なんでもなるようになような
感じを頭上の巨大なモニターが歌う
入らないからにも入らないから


誰に向けているわけでもない「なんとかなるよ」というメッセージが街にはある。そんなものは耳にも入らない。という意味ですかね。
個人的に「頭上の巨大なモニター」という部分に東京らしさを感じてしまいます。
多分渋谷のスクランブル交差点のことですかね。(←ソースなし。勝手な解釈です)
では、次からはサビになります。

そっと私を連れ出して
星空と言葉とネオン
語り部はあなたがいい
今すぐ 今すぐに
待ち続けていたの
手のひらがほら冷たい
リラックス リラックス
でも落ち着くなんて無理よ

都会の大人なデートですかね。
星空に ネオンの街並みに あなたの言葉と冷えた手のひら といったものを想像してそう解釈しました。
その幸せな時間に落ち着くなんて無理ということでしょう。
ただ、この曲は「Party Girl」とかとはちがって かなりクールな印象です。

街の人混みの中を
あなたの背中に乗って低空飛行して
なんだか別の国にいるみたいな気分
誰ひとり 追いつくことができない
あなたは一万回のキスをする
すべて忘れ 洗い流し
まるで強いアルコールみたいに


ただ単にじゃれあっておんぶされているだけですかね。
その割にはなんだかメロディがかっこいいです。
そりゃキャピキャピしたリズムでそんなシチュエーションを曲にされても、うざいだけですし、解釈は間違っていないと思っています
ここにも「聴き手の立場にたっている」という今回のアルバム”TIME"の特徴が表れていますね。

つまらない街の中であなたの背中にいるというときめきは、まるで周囲とは別の国にいるみたい。ということをクールに歌っています。
あなたに何度もキスをされることで 普段のしがらみやストレスを洗い流すようになる。まるで強いアルコールみたいにという意味です。

きっと私を連れ出すわ
場違いな色になる
いずれは醒める酔いでも
今すぐ 今すぐに
どこへでも行けるよ
手のひらはあなたのもの 
リラックス リラックス
ほら 落ち着くなんて無理よ


このあなたとのときめきはいずれは醒める酔いのようなものでもいいのよという意味ですかね。

UP UP UP 星に手がついた 夜空
Down Down Down あなたと横になる 草むらで
Up Up Up 星に手がついた 触れて
Stay Stay Stay 今夜もまた そばにいて


ちょっとリズムが変わって”あなた”との具体的なシチュエーションが描かれています。
草むらで一緒に横になって 星を見てそばにいるというデートを 大人っぽく歌っています。

そっと私を連れ出して
物語のページを
手をそえめくってよ
今すぐ 今すぐに
涙が出てくるわ すべてがあなたのもの
リラックス リラックス 
だめ落ち着くなんて無理よ


この曲は作詞も作曲も家入レオではありません。その分彼女目線というよりアーティストらしい彼女が強くなっています。
この曲はデビュー当初の少女っぽい家入レオとは違う、完全に大人な歌手になった一曲でもあると思います。

*"Relax"はアルバム「TIME」に収録されています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント