記事一覧

うめぼし(スピッツ)

今日もちゃんと更新します!!

今夜はスピッツ”うめぼし”とい曲について好き勝手に語ります。

この曲もまた、複数の解釈ができます。
私としては、「うめぼし」は会いたい君という人が好きだった食べ物という解釈です。
この場合「うめぼし食べたい=君に会いたい」という解釈になります。

これ以外の解釈は、戦争に行った日本兵の気持ちを歌っている解釈もあります。
それもそれで意味が通るのがおもしろいです。
この場合「値札のついたこころ=ドッグタグをつけられた自分の意志ではない心」という意味になります。
また「知らない間に僕も悪者になっていた」もなんとなく意味が通ります。

他にも「うめぼし=乳首」で「君=風俗嬢」という解釈もネットではありました。
これは多分ちがう・・・・そうであってほしくない と思っています。

では歌詞を見ていきましょう。

うめぼしたべたい
うめぼしたべたい僕は今すぐ君に会いたい

とても寂しい
とても寂しい僕は今すぐ君に会いたい


私の個人的な解釈だと、「梅干し食べたい=君に会いたい」ということです。
もしかしたら”うめぼし”は酸っぱい恋の象徴かもしれません。
その場合も”君に会いたい”に近い意味だと思います。

値札のついたこころ 枠からハミ出せない
星占いで全てかたづけたい
知らない間に僕も悪者になっていた
優しい言葉だけじゃ物足りない

うめぼし食べたい うめぼし食べたい僕は
今すぐ君に会いたい


「値札のついたこころ 枠からハミ出せない」は「うめぼし食べたい→君に会いたい」という解釈では理解できません。
戦争の歌という解釈だと、ドッグタグという意味で通ります。
また、この歌が風俗嬢の乳首を吸いたいという解釈だと・・・・意味が通らないこともないです。

どれが正しい意味なのかはわかりません。

穴のあいた長ぐつで 水たまりふんづけて
涙が出るほど笑いころげたい

知らない間に僕も悪者になっていた
優しい言葉だけじゃ物たりない


日本兵の気持ちを歌っているという解釈なら、この部分もなんとなくわかります。
「長くつ」とは軍靴のイメージですかね。

君に会いたいという解釈だと とにかくはっちゃけたいという意味になるんですかね。
乳首を吸いたいという解釈では全然意味が通らないので、この解釈はちがうということにしておきましょう。


また、曲全体のメロディも静かで寂しい感じです。
どの解釈でもメロディとはさほど矛盾しません。

*”うめぼし”はアルバム”スピッツ”に収録されています。







 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント