記事一覧

幸福論(椎名林檎)

今日もなんとか更新します!

今夜は椎名林檎女史”幸福論”という曲について好き勝手語ります。

この曲こそ、あの椎名林檎のデビュー曲なのです。
この曲では、林檎さんが描く人の愛し方、そして愛することによって幸せが得られるという哲学が歌われています。
曲全体の意味として、案外近くの人との愛こそ、本当のしあわせであり、その人を愛することに一生懸命になるという解釈をしています。
当時の林檎さんの若くてまっすぐな恋愛観が表現されています。

この曲のMVもなんかかわいらしいです。
林檎を持ちながら、道に顔をつけて寝ていたり、坂道を自転車で上がっているという映像です(笑)
(あの映像で何か深い意味があるとは、思っていません。)

では、歌詞を見ていきましょう。

本当のしあわせを さがしたときに
愛し愛されたいと 考えるようになりました。

そしてあたしは 君の強さも隠しがちな弱さも汲んで、

時の流れと空の色に何も望みはしない様に
素顔で泣いて笑う君にエナジィを燃やすだけなのです



君のすべてを受け入れる、何も望まない。
私は君のために何かをすることにエネルギーを燃やすだけいい。

こういった気持ちを重い感じではなく、軽いメロディで表現しているのがこの素敵な歌”幸福論”なのです。
ライブ映像で見たのですが、この曲を拡声器で歌う林檎さんも魅力的です。

本当のしあわせは目に映らずに
案外傍にあって気付かずにいたのですが・・・。

かじかむ指の求めるものが 見慣れたその手だったと知って、

あたしは君のメロディーやその哲学や言葉、全てを
守る為なら少し位する苦労もいとわないのです。


意味は君を受け入れる、君の存在こそ本当の幸せという感じです。

それを楽しくて、心に残る表現で歌っているのです。
また、当時の林檎さんの一人称は「あたし」で他の曲でも結構使われています。

時の流れと空の色に何も望みはしない様に
素顔で泣いて笑う君のそのままを愛している故に

あたしは君のメロディーやその哲学や言葉、全てを守り通します。
君が其処に生きているという真実だけで幸福なのです。


「君が其処に生きているという真実だけで幸福なのです!」とは、こんなに相手のことを肯定し、包み込むような歌詞があるでしょうか。もし、片思いだとしても(愛し愛されたいとあるから違うかもしれませんが)相手が存在している限り、あたしは幸せということです。

・・・林檎さんが生きているという真実だけで私は幸福です!!

*”幸福論”はシングルでもあり、アルバム”無罪モラトリアム”にも収録されています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント