記事一覧

メロウ(椎名林檎)

今日も更新します!今夜は椎名林檎”メロウ”という曲について好き勝手語ります。まず、タイトル「メロウ」という言葉の意味ですが、「(果物が)熟している」という意味です。”愛”という感情は一線を通り越してしまうと憎しみや恨み、さらに殺意が付いてくることもあります。そんな憎しみや殺意に満ちてしまった”愛”を”メロウ”と名付けたと解釈しています。林檎女史の曲で、愛する人に対する殺意が描かれている曲としては、「浴室」...

続きを読む

ありきたりですが(家入レオ)

今日はなんとか更新します。今夜は家入レオ”ありきたりですが”という曲について好き勝手語ります。この曲は大人の女性が好きだった人のことを思い返して、静かに泣いているような曲です。今まで家入レオさんが歌ってきた歌の中では、珍しいタイプです。で、この曲の特徴は言葉がとても素直なところです。それでいて心に残る歌詞となっています。では、歌詞を見ていきましょう。泣きもせず 君はサヨナラ告げるんだねわたしは遠慮し...

続きを読む

マモルさん(スピッツ)

今日も更新します。今夜はスピッツ”マモルさん”という曲について好き勝手語ります。まず、この曲のタイトルは「守る人」という意味で「マモルさん」みたいです。単に守る人という意味では、ボディーガードや親、仕事仲間など、色んな立場を想像できますが、この場合は好きな”君”を守る人という解釈を私はしています。(単に片思いの相手とも、恋人とも解釈できます。)歌詞全体から見ると、”君を健気に守るいい人を演じている人”の...

続きを読む

春の歌(スピッツ)

今日も更新します。今夜はスピッツ”春の歌”という曲について好き勝手語りたいと思います。この歌は、その収録アルバム”スーベニア”の中でも草野マサムネさんが特に気に入っている曲とのことです。躍動感、爽快感、疾走感があるけど、騒いでいる感じでもない・・・そういう素敵な曲です。確か、アクエリアスのCMにも使われていましたね。マサムネさんは「アウトロでリズム・パターンがチェンジするんですよ。そこをみんなノリノリで...

続きを読む

love & hate(家入レオ)

今日はなんとか更新します!今夜は家入レオ”love & hate"という曲について好き勝手語ります。この曲ですが、家入レオさん本人は「バーに赤いワンピースの女の子が入っていくというイメージ」と話していました。この歌の主人公はとても「愛されたい」という気持ちがあるみたいです。しかしそのままの自分に自信がないから、ずっと嘘をついている。心の底では「嘘を見抜いて、ここから救い出してほしい」という気持ちがあるとのこと...

続きを読む